行政書士の開業講座

行政書士の英語表記

行政書士の英語表記

行政書士の英語表記にはいろいろあります。代表的なものを挙げると、行政書士の直訳である「Administrative Lawyer」や、入管業務を専門とする書士がよく使う「Immigration Lawyer」、事務弁護士の意味である「solicitor」などがあります。ちなみに、行政書士会が公式表記としているのが、「Gyoseisyoshi Lawyer」です。

しかし近年、弁護士会から、「Lowyer」という英語は弁護士だけしか使えないという意見が強くなり、行政書士会は「Gyoseisyoshi Lawyer」の使用を自粛しているようです。いろいろ気をつかって面倒ですね。こうした状況ですが、Lawyerを使ってはいけないと法律で決まっているわけではありませんので、実際には多くの書士がLawyerを使っています。

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional